佐賀県武雄市の斎場 アクロスウィル武雄斎場

電話番号

お盆飾りの例

お盆とは

毎年お盆には家族揃ってお墓参りに行き、 家にお仏壇がある場合はお寺様にお経を上げていただく というご家庭は多いと思います。
そしてもう一つ、一般的に知られているのが、 お盆の期間中に先祖の霊がお家に帰ってくるというものです。
このことから、ご先祖様が家に迷わずに帰って来るようにと 目印とする「迎え火」をたき、先祖が帰って来ている間の 供養のために「精霊棚」を設けお供えをし、お盆の終わりには 浄土へ無事に帰れるように祈りをこめて「送り火」を焚く という一連の流れが、全国で見られるお盆の風習です。
また四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆のことを 初盆(新盆)といい通常よりも手厚く供養するとされています。

お盆の行事

新歴盆 7月/月おくれ盆 8月

日にち 内容
一日 よみの国の扉が開く時、精霊が里帰りするため、旅立ちます。
《提灯を飾り始める》
七日 仏具の掃除やご先祖の霊に供える食器を洗ってから、お墓の掃除にでかけお迎えの準備をする日。
十二日 盆花を採取する日。
十三日 【お盆の入り】
「精霊棚」のお飾りをすませお墓参りにでかけます。迎え火を焚き、提灯に明かりを灯し、先祖の精霊を迎えます。
十六日 【お盆のあけ】
送り盆。先祖の霊が帰る日、送り火を燃やして、精霊を送り出します。

※地域によって異なる場合がございますが、一般にお盆の月の一日もしくは七日頃から飾り始め、十三日を迎え盆に明かりを灯します。

お盆飾りの例

お盆飾りの例

  • モダン行灯
    モダン行灯
  • 盆提灯
    盆提灯
  • 霊前灯
    霊前灯
  • 霊前灯
    霊前灯
  • 行灯
    行灯
  • ござ布団
    ござ布団
  • 御霊具膳
    御霊具膳
  • 盛器
    盛器
  • 盛器
    盛器
  • 落雁
    落雁